パシュミナショール

 

 

皆様、こんにちは!

 

 

 

節分ですねshine

 

今日はFさんからとても良いお話を伺いましたnotes

 

 

昨日、小学校の豆まきで、先生が子供たちに

 

 

 

「鬼はね、みんなの心の中に必ずいるんだよ。

その鬼を小さくする気持ちで、豆まきをしてね!」と。

 

 

 

なるほど〜!と、感心note 心に響きました。

 

 

 

 

鬼を小さく小さくして、福を呼び込みましょうね!

 

 

 

 

Fさんは今日素敵なお着物をお召になられていたので

 

パシュミナショールを羽織っていただきましたheart04

 

 

 

 

 

203.jpg2031.jpg0203.jpg2035.jpg2032.jpg2034.jpg

 

 

お天気もよく、バッチリでしたlovely

美しいです・・

 

 

Fさん、本日は有難うございました!sunshine

 

 

 

 

 

 

 

 

12034.jpg

 

 

 

手織りされたショールに木版で下絵を捺していきます。

 

 

そして刺繍職人によって数ヶ月〜数年かけて仕上げられ

しっかりと水洗いされ、下絵を落としていきます。

 

 

 

 

 

12035.jpg

 

 

 

手刺繍のショールには、実際に仕上げた職人さんの

サインが入っていますshine

 

 

 

 

12092.jpg12091.jpg

 

 

 

 

ちなみに・・私が購入したパシュミナショールは

こちらです。

 

 

 

20161210.jpg

 

 

 

 

肌触り、軽さ、暖かさ、色合い・・どれをとっても

最高です。

 

機械織りでは表現できない、ふわりと優しい風合いを

是非ご覧下さいませshine

 

 

 

 

 

1209.jpg

 

 

今回は、パシュミナショールが出来るまでをご紹介いたします!

 

 

 

 

 

パシュミナとは、原産国であるカシミールでの呼び名です。

 

 

 

インド北部、ジャンムー・カシミール州の夏の州都スリナガルはイスラム文化の息づくノスタルジックな街並みと雄大な自然溢れる景勝地です。

 

 

パシュミナの原毛となるカシミール山羊の被毛を春に採取し、ごみや外毛を取り除いていきます。

 

 

 

 

12031.jpg12032.jpg

 

 

その後、職人の手により紬・手織りされていきます。

 

 

 

 

12036.jpg12033.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

代々受け継がれてきた伝統的な工芸品として、100年以上も変わらぬ制作風景の中仕上げていくパシュミナショール職人たち。

(主に家族中心で仕上げていくそう)

 

しかし、政情不安の続く不遇の地でもあるため、この伝統を守り続ける職人の数は減ってきているそう。

 

 

今では偽物も多いとされていますが、職人の手から生み出されるパシュミナは極上の軽さと柔らかさで、その品質は100年持つと言われていますshine

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161205.jpg

 

 

 

先日ご案内をさせていただきましたパシュミナショール

は店内カウンター横の棚に展示しております☆

 

 

「え!パシュミナ?」と、ご存知の方はとても驚かれて

いて、お店で見る機会はとても少ないとのこと。

早速ご覧いただけて、本当に嬉しいです。

有難うございます!

 

 

 

1205.jpg

(ソズニ刺繍 全面柄)

 

 

 

お店には、nukuiroさんと一緒にカシミールを旅された

フォトグラファー田所瑞穂さんの写真集も展示しております。

 

ご来店の際はあわせてご覧下さいませ。note

 

 

 

 

 

大切なお客様へ、ご案内です。

 

本日より、弊社にてカシミール州スリナガルにて手織りされる

パシュミナショールを取扱うこととなりました。

 

 

先日、ご縁があり知り合ったnukuiro代表の渋谷さん。

お一人でインドのスリナガルへ赴き本物のパシュミナショールを

世に広めようと活動されています。

(パシュミナとは、カシミールでの本来の呼び名です)

 

 

まだ日本には流通がほとんどなく、カシミアショールは偽物だらけ

というのが現状ですが、本来は糸から手紡ぎ・手織り・手刺繍に

こだわり、仕上げられています。

 

 

 

夏は涼しく、冬は暖かい。

 

肌触りはとても柔らかく軽いですが、お手入れはとても簡単で、一年に

一度ご家庭で手洗いをしていただけます。

(洗いすぎは逆に良くないとのこと)

 

 

 

刺繍のデザインが凝っているものほど仕上げまで時間がかかるため、

高価ではありますが、その品質は100年持つといわれているそうです。

 

 

 

ここまで話すと、ギャッベととても繋がるところがありますよね。

 

 

永く愛され続ける作品を、お一人でも多くのお客様へお伝え出来れば

と思います。

 

 

パシュミナショールはお店にて展示しておりますので、ご来店の際は

一度肌触りをご体感くださいませ。

きっと、感動していただけることと思います。

 

何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

鳥越美希

 

 

 

12035.jpg